ブログトップ

彫金師 史郎のひとりごと

shirouag.exblog.jp

日本の伝統的な金工 彫り、象嵌、打出しを主に、銀や金の一点物の作品を造っています。

カテゴリ:新作( 47 )

お待たせいたしました!!!
出店の忙しさにかまけて、完成品のアップサボってました(; ̄O ̄)

最終的にはこんな形になりました!!!
彫ってあるところだけが24金。地は銀です!

象嵌とかメッキとかそんなやり方ではございやせん。

でもやり方は秘密(⌒▽⌒)

実物は銀と金のコンビがメッチャきれい!でも金きら金ではないから品もあるし、ファッションにも合わせやすいです。

名古屋近郊の方、是非ラシック五階にお越しを~
a0193458_20481874.jpg

a0193458_20481981.jpg

a0193458_20482053.jpg

a0193458_20482166.jpg

[PR]
by shirouharuna | 2012-10-18 20:47 | 新作
さぁ、和彫りを施して行きましょう(^∇^)


20,こんな感じで指輪用の固定台を使って彫っていきます!
a0193458_21462337.jpg



21,角度や線の幅を変えながら、全面にまずは一方行の彫りをします!!
a0193458_21462463.jpg



22,次にうまく交差するように、同じく角度や幅を変えながら、彫りを施します!!!
a0193458_21462515.jpg



23,彫りが完成です(^∇^)今回は『交り』という作品です。
a0193458_21462626.jpg



人は人と交わることで、成長していく。そんな自論をデザインしてみました( ̄▽ ̄)

ちなみに、これを仕上げ磨きして完成…ではないんです!!!
さらに数手前かけますよ!

でもうまく成功するか、難しい技法に挑戦します。

次回も楽しみにしていてくださいね(^∇^)
[PR]
by shirouharuna | 2012-10-10 21:44 | 新作
前回彫り前の磨きが完成しました!
さぁ、今回は彫り…準備です( ̄▽ ̄)

18,指輪を彫る時はこんな風にします。
a0193458_19313744.jpg


そのまま彫っては、反動もすごいし、深彫りの時なんかは、形が変形してしまうので、固定と空洞を埋める為に使います!

ペンダントや複雑な造りの指輪などは、自家製松ヤニを使うんですが、今回は…この道具の名前何だったかな⁈樹脂みたいなものです。

19,これが彫り用のタガネと、それを打つ鎚です。
a0193458_1931374.jpg


タガネは300本くらい、鎚は四種類を、彫る柄や様々なことに合わせて使い分けます。

道具も全部手作りなので、迷うことはないんですよ(^∇^)


さぁ、次回はいよいよ和彫りをしていきましょう!!!
[PR]
by shirouharuna | 2012-10-07 19:23 | 新作
まだ完ぺきではないけど、工房の移転、そしてお引っ越しも完了しました!!!

工房はとりあえず仕事ができる状態に。
なので、また製作日記再開します(^∇^)


前回、ヤスリがけが終わり、傷だらけの均一の厚みの指輪になりました。
さぁいよいよこれを磨いていきましょう。


16,こんな道具を使って磨きます!
a0193458_16403317.jpg


大体ヤスリで言うところの80~500番を、5段階にわけて、荒いのから細かいのまで順番にかけていきます。

これはまだ彫り前の磨きなので、目視でツルピカになったらオッケーです。

彫りの後の仕上げでは、キラッと完全に光るように艶出しします( ̄▽ ̄)

17,彫り前の磨きが完成です!!
a0193458_16403444.jpg



次回はいよいよ和彫り編に突入⁉かな…
[PR]
by shirouharuna | 2012-10-06 15:22 | 新作
前回までで、やっと輪になりましたね(^∇^)
さて今回は…

13,角度のついた円柱のような芯金(鉄)に指輪を入れて、木槌で叩きながら変形した輪を、指輪の形にしていきます!
叩くことで、銀自体も硬くしまっていくんですよ!!
a0193458_2142183.jpg


14,全体にヤスリをかけて、きれいな面をだします!!!
奥はヤスリがけした物で、手前がこれからヤスリをかける製品です。
盛った余分なローを削るとともに、叩いて多少ボコボコした表面を均一にする作業です♪
a0193458_2142228.jpg



さぁ次回はいよいよ磨きの作業…これが時間かかるんだな~
[PR]
by shirouharuna | 2012-09-24 21:03 | 新作
さぁ、今回はいよいよロー付け(板と板をくっつけて輪にする工程)です!!!

10,ロー付けの前準備として、フラックスと呼ばれる、ドロドロの液体を使います!
a0193458_2116094.jpg



11,こんな感じで火を当ててローを溶かしていきます。
全体→ロー付け箇所を交互に火を当てて、ロー付け箇所をより高温にして、ローを溶かしくっつけていきます!!
a0193458_2116186.jpg



12,ロー付けが完了。無事に輪になりました!
a0193458_2116280.jpg



さぁ次回はいよいよ叩いて、きれいな丸の指輪の形になりますよ~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
[PR]
by shirouharuna | 2012-09-23 21:14 | 新作
前回やっと叩いた銀を切り出して、板になりました!

8,ロー付けを綺麗にするために、接合部をきっちり平らにします。ここが雑だと、指輪にした時に仕上がりがきたないんです( ;´Д`)
a0193458_22424282.jpg



8,こんな風に、まずは力である程度まで曲げます!!
a0193458_2242423.jpg



9,木槌などを使って、きっちりロー付け部分を揃えます!!!
a0193458_2242434.jpg



ロー付けって簡単に、とても簡単に言うと、AとBの間にロー(銀同士の時は銀ロー)を流し、そのローでくっつける方法です。
銀ローとひとくちに言ってもいろんな種類がありますが、私は比較的純度の高い2,3分ローを多用します!
5分以下のローは、変色しやすいんです…

さぁ、次回はいよいよくっつけて指輪と言う字の如く、輪にしていきます
[PR]
by shirouharuna | 2012-09-22 22:40 | 新作
4, 前回、銀塊が出来ましたので、今回はこの塊を叩いて板を作ります。
指輪の厚みに合わせて、全体を約2mmになるように叩きました!
a0193458_20331067.jpg


5,糸鋸で切ってきます
a0193458_20331111.jpg


6,糸鋸で切るとこんな感じです
a0193458_20331173.jpg


7,たくさんのサイズを切り出します。
a0193458_20331215.jpg


ちなみに、本来この作り方では効率悪いので、指輪の時は、溶かした銀を長方形の塊にし、ある程度叩いたら、ローラーを使って均一の厚みにしちゃいます!!!

何となくイメージがわく感じになりました!
次回はいよいよ指輪っぽくなってきますよ(⌒▽⌒)
[PR]
by shirouharuna | 2012-09-21 20:31 | 新作
今回から何回かに分けて、指輪の製作工程をアップしてきます!!!

1, 造る指輪の質量を計算し、銀を溶かす。
お皿に盛ったつぶつぶが純銀なんです!銀て始めはこんな感じなんですよ!
今回は950銀にしたいから、20gの純銀に対して、銅を約1g混ぜます!
a0193458_22305335.jpg


2, とにかく銀を溶かす!つぶつぶが溶けてくっついてドロドロになってます。
a0193458_22305490.jpg


3, 銀の塊を冷やして、30kg超の金床の上で叩きます!!!
a0193458_22305553.jpg


今回はここまで…まだ指輪には程遠いですね(^_^;)
[PR]
by shirouharuna | 2012-09-20 22:21 | 新作
ラシック出店5日目です!!!

毎日ウィークリーマンションから混んでる電車で出勤していると、きちんとしたお勤めをしたらこんな感じなのかな~なんて思ったりもしました~(・・?))

行きも帰りもたくさんの人…この生活をしてる方々、ホント尊敬出来ます!

さて、本日は『蔓から露がしたたる』そんな刹那をデザインしました(^O^)/

打出しで雫の部分に立体感を出し、和彫。
一枚いたから造っているので、朝露がたれるまさにそんな感じに出来上がったと思います!!
a0193458_13413341.jpg

[PR]
by shirouharuna | 2012-04-01 10:36 | 新作